夫源病かも?チェックシートで症状を確認!改善方法もご紹介

夫源病かも?チェックシートで症状を確認!改善方法もご紹介

記事内に広告を含む場合があります

夫源病(ふげんびょう)とは、夫が家にいるとストレスを感じたり、体調が悪くなったりする症状のことです。

夫源病になる原因は人それぞれですが、夫とのコミュニケーション不足や価値観の違い、夫のDVやモラハラなどが挙げられます。

夫源病は放置すると心身の健康に悪影響を及ぼすだけでなく、夫婦関係や家庭生活にも支障をきたす可能性があります。

そこで、この記事では、夫源病のチェック シートと改善方法をご紹介します。


その症状は夫源病?チェックシートで診断してみよう

その症状は夫源病?チェックシートで診断してみよう

下記に一つでも当てはまることがあれば注意!

医療の診断として用いるものではありませんので、あくまでも参考としてお使いください。

夫が家にいるとイライラしたりストレスを感じる

夫が家にいるとイライラしたりストレスを感じたりする場合は、夫源病の兆候かもしれません。

夫が家にいるというだけで気分が落ち込んだり、不安や恐怖を感じたりすることはありませんか?

また、夫が家にいると自分の時間や空間がなくなったり、自由に行動できなくなったりすることに不満や不安を感じることはありませんか?

これらの感情は、夫との関係に問題があることを示しています。

夫との関係に問題があると、ストレスホルモンが分泌されてイライラしやすくなったり、自律神経が乱れて心身のバランスが崩れたりします。

夫が家にいると頭痛や息苦しさがある

夫が家にいると頭痛や息苦しさがある場合も、夫源病の可能性があります。

頭痛や息苦しさは、ストレスや不安によって引き起こされる身体的な反応です。

夫が家にいるとストレスや不安を感じることで、血圧が上昇したり、呼吸が浅くなったりします。

これらの状態は、頭痛や息苦しさを引き起こします。

また、頭痛や息苦しさは、酸素不足や血流不良によって脳や心臓に負担をかけることもあります。

夫の言動にイライラする

夫の言動にイライラする場合も、夫源病のサインです。

夫の言動にイライラすることは、夫と自分の価値観や考え方が合わないことを意味します。

価値観や考え方が合わないと、夫の言動を理解できなかったり、受け入れられなかったりします。

これは、コミュニケーション不足や信頼関係の欠如によって起こることもあります。

コミュニケーション不足や信頼関係の欠如は、夫婦関係の溝を深めることになります。

夫に怒られると動悸やめまい、手の震えなどが起こる

夫に怒られると動悸やめまい、手の震えなどが起こる場合は、夫源病の重症度が高いことを示しています。

動悸やめまい、手の震えなどの体調不良が起こることは、夫からのDVやモラハラを受けていることを意味します。

DVやモラハラは、夫からの暴力や脅迫、侮辱や罵倒、無視や冷遇などの行為です。

自己肯定感や自尊心を低下させたり、トラウマやPTSDを引き起こしたりします。

DVやモラハラは、人格権や尊厳を侵害する重大な人権問題です。

夫が家にいないと体の不調が良くなる

夫が出張したり、単身赴任したり…家にいないと体の不調が良くなる場合は、夫源病であることがほぼ確実です。

夫が家にいないことでストレスや不安が減ったり、自分の時間や空間が増えたりすることを意味します。

これは、夫が家にいることで心身に負担をかけていることを示しています。

夫が家にいることで心身に負担をかけている場合は、夫婦関係に問題があることは間違いありません。

1つでも当てはまるようであれば、自分は夫源病であると自覚して良いです。その事実を踏まえて、一緒に解決していきましょう。

夫源病を引き起こしやすい夫のタイプ

夫源病を引き起こしやすい夫のタイプ

では、どんな夫が夫源病を引き起こしやすいのでしょうか?

夫源病を引き起こしやすい夫のタイプを紹介します。

妻の家事や育児に細かく口を出す

あなたが一生懸命に家事や育児をしているのに、夫はいつも文句ばかり言ってきます。

掃除がきちんとできていない、料理がまずい、子どものしつけが甘いなど、細かいことに目くじらを立ててあなたを責めるでしょう。

夫は自分が家庭のボスだと思っていて、あなたに対して上から目線で指示や命令をしてきます。

それによりあなたは夫の言葉に傷つき、自信を失うことに繋がっていくのです。

あいさつや感謝、ねぎらいの言葉がない

あなたが夫に対して常に優しく接していても、夫はあなたに対して冷たく無関心です。

朝晩のあいさつもろくにしないし、家事や育児を手伝ってくれることもありません。

感謝やねぎらいの言葉も聞くことがないでしょう。

夫はあなたが当然のように家庭を支えてくれると思っていて、あなたの存在や努力を軽視しています。

あなたは夫から愛されていると感じられず、孤独や不満を抱えてしまいます。

自分が間違っていても、絶対に謝ろうとしない

あなたと夫は時々喧嘩をしますが、夫は自分が間違っていても絶対に謝ろうとしません。

逆にあなたが悪いと言って責任を押し付けます。

夫は自分が正しいと思っていて、あなたの意見や感情を尊重しません。

夫は自己中心的でプライドが高く、自分の非を認めることができないため、話し合うことができず、解決策も見つかりません。

自慢話が多く、妻に対して威張る

仕事や趣味などについて自慢話をよくしますが、あなたに対しては見下すような態度をとります。

夫は自分が優秀であると思っていて、あなたの仕事や趣味などに興味を示しません。

また、夫はあなたを自分の所有物だと思っていて、あなたの人生や幸せを考えてくれません。

自分の価値観やライフスタイルを押し付けてきます。

あなたは夫に尊敬されず、自分の人間性や個性を否定されてしまうのです。

夫源病を改善するには?

夫源病を改善するには?

夫源病を改善するには、まずは自分の気持ちに正直になることが大切です。

夫に対してどんな不満やストレスを感じているのか、具体的に書き出してみましょう。

それから、以下の3つの方法を試してみてください。

夫に本音を伝える

夫に対して不満やストレスを感じていることを伝えることは、夫婦関係の改善に欠かせません。

しかし、ただ感情的に文句を言うのではなく、具体的な事例や解決策を提示するようにしましょう。

例えば、「あなたはいつも仕事ばかりで私の話を聞いてくれない。だから私は寂しいし孤独だ。せめて週末くらいは一緒に過ごしてほしい」というように、自分の気持ちと要望を明確に伝えます。

また、夫の意見も聞く姿勢を見せることも重要です。

夫もあなたと同じように悩んでいるかもしれません。

お互いの気持ちを理解し合うことで、夫婦関係は改善されます。

プチ別居をしてみる

夫と一緒に暮らすことがストレスの原因になっている場合は、プチ別居をしてみるのも一つの方法です。

プチ別居とは、一時的に別々の場所で暮らすことです。

以下のメリットがあります。

  • 自分の時間や空間が確保できる
  • 夫への依存度が減る
  • 夫への感謝や愛情が再発見できる
  • 夫とのコミュニケーションが改善される

プチ別居をする際は、期間やルールを事前に決めておくことが大切です。

例えば、「1ヶ月間だけ別居する」「週に1回は連絡する」「子供の面倒は交代で見る」などです。

プチ別居はあくまで一時的な手段であり、最終的には夫婦関係の修復を目指すことが目的です。

夫にも家事をやってもらう

家事をやってもらうことに感謝するというのは、当たり前のことですが、忘れがちなことです。

夫が家事をやったら、「ありがとう」と言ってみましょう。

それだけで、夫は嬉しくなり、また家事をやろうという気持ちになります。

家事のやり方や基準を押し付けないというのは、妻が家事のプロだからといって、夫の家事を否定したり、文句を言ったりしないということです。

夫は家事に慣れていないかもしれませんが、それでも一生懸命やってくれているのです。

夫の家事を認めてあげましょう。

家事の分担を明確にするというのは、夫婦で話し合って、どんな家事を誰がどのくらいやるかを決めておくということです。

占い師に相談する

ここまでの診断で自分がどれくらい夫源病に該当しているかが分かったはずです。

ここからよく聞いてほしいのですが、決して一人で抱え込まないで下さい。

夫源病誰にも相談せずに抱え込むと、うつ病などのリスクが高まります。

夫源病の対処法は一人ひとり違いますので必ず第三者に相談しましょう。

特におすすめしたいのが占い師で、家庭に関する悩みを多く解決しているので非常に参考になるアドバイスをもらうことができます。

例えば、電話占いなどであれば占い館に足を運ぶ必要もありませんし、気軽に相談することができます。

過去におすすめの電話占いサイトについてはまとめていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

初回であれば無料で鑑定できるものもあります!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下、ポイントのおさらいです。

その症状は夫源病?チェックシートで診断してみよう
・夫が家にいるとイライラしたりストレスを感じる
・夫が家にいると頭痛や息苦しさがある
・夫の言動にイライラする
・夫に怒られると動悸やめまい、手の震えなどが起こる
・夫が出張したり、単身赴任したりすると体の不調が良くなる

夫源病を引き起こしやすい夫のタイプ
・妻の家事や育児に細かく口を出す
・あいさつや感謝、ねぎらいの言葉がない
・自分が間違っていても、絶対に謝ろうとしない
・自慢話が多く、妻に対して威張る

夫源病を改善するには?
・夫に本音を伝える
・プチ別居をしてみる
・夫にも家事をやってもらう

夫源病かどうかをチェックする方法と、改善するためのコツをご紹介しました。

夫源病は放置すればするほど深刻化します。

自分の気持ちに正直になり、夫とコミュニケーションを取りましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。