距離を置くと別れる確率8割?別れを防ぐ6つの方法を解説します

距離を置くと別れる確率8割?別れを防ぐ6つの方法

記事内に広告を含む場合があります

「しばらく距離を置こうといわれてしまった」

「距離を置いているけど別れるかどうかわからない」

そんな恋愛関係に悩んでいる人は少なくないでしょう。

特に関係が成熟している付き合いの長いカップルには起こりやすい事態で、誰にも相談できずに曖昧な関係を続けてしまう人も多いようです。

そこで本記事では、距離をおくことと別れる確率の関係性や、距離を置いた状態から別れを防ぐ方法を解説します。

距離を置いている恋愛関係で悩んでいる人は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。


目次 表示

恋人と距離を置きたくなる理由

恋人と距離を置きたくなる理由

そもそも、なぜ恋人から距離を置きたいと告げられたのかが分からない方も多いと思います。

そのため、まずは恋人と距離を置きたいと思った理由について見ていきましょう。

  • ケンカやすれ違いが増えた
  • 一人でいる時間が欲しい
  • 相手の事が本当に好きか分からなくなった
  • 自分の本当に気持ちが分からない
  • 仕事に集中したい

ケンカやすれ違いが増えた

恋人と距離置く理由として、ケンカやすれ違いの増加が挙げられます。

恋人との関係において、二人の間のコミュニケーションをとる頻度が少なかったり、価値観のズレが多いとケンカやすれ違いが増えてしまいます。

そのような状況が長く続くと、二人でいる時間に疲れを感じ、一時的な距離を置きたいと思うこともあります。

一人でいる時間が欲しい

恋人と過ごす時間は楽しいものですが、その時間が増えすぎると自分のために使う時間が少なくなります。

そのため、自分の趣味やプライベートな時間を確保するために、恋人と一旦距離を置きたいと考える人は少なくありません。

また、恋人といる時間は楽しみや癒しを提供してくれますが、それと相手の気持ちを理解することにエネルギーを消費します。

なので、恋人が「一人でいる時間が欲しい」と言った場合、それは彼ら自身の感情や価値観を再確認したいという気持ちの表れかもしれません。

相手の事が本当に好きか分からなくなった

どれだけ良い関係を築いていたとしても、自分が相手の事をどれだけ好きなのか、または本当に相手の事が好きなのか分からなくなることもあります。

他の人に興味を持ち始めた、一緒にいるときに喜びを感じなくなった、将来に不安を感じるなど、その理由は人それぞれです。

このような状況に陥ったとき、自分の感情を整理するために恋人と一時的に距離を置きたいと思うことは、自然な反応かもしれません。

自分の本当の気持ちが分からない

人間の感情は複雑であり、自分自身でも完璧に理解するのは難しいです。

特に恋愛においては、相手は自分にとってどのような存在なのか、また、それが本当に愛情なのか友情なのか、あるいは何か他の感情なのか、と言った風に思い悩む時期があります。

そのため、自分の心の中を整理するために、恋人との距離を置きたいのかもしれません。

仕事に集中したい

大事なプロジェクトや新しいキャリアに挑戦する時など、仕事に集中するためにはそれ以外の時間を削る必要があります。

そのため、恋人との距離を置いてその時間を仕事のために費やしたい、という風に思った可能性もあります。

ただし仕事に集中したいというのは、別れたいときの常套句として使われることもあるので注意して下さい。

「距離を置く」の意味とは何か?「別れる」と同じこと?

「距離を置く」という状態が「別れ」に直結していると考えられがちですが、必ずしもそうとはいえません。

距離を置くことで関係性が改善することや、付き合い方が変わってマンネリが解消することもあります。

それでは早速、一般的にいわれている「距離を置く」の意味をチェックしていきましょう。

「距離を置く」のは関係の修復期間でもある

距離を置いている期間は、関係を修復する期間になるとも考えられています。

別れや関係性の悪化など、ネガティブなイメージを持たれがちな距離を置くという状況ですが、実は関係の好転に役立つこともあるのです。

特に関係がマンネリ化し、お互いに対しての愛情が薄まっている場合や、幸福感の薄れを感じる場合などには距離をおくという手段が有効でしょう。

お互いに1人になり、自分自身や相手への気持ちを見つめ直すことで、関係性が好転しやすくなるはずです。

場合によっては別れるという選択肢が出てくることもあるかもしれませんが、その場合は2人で熟考して答えをだすことで、後悔のない選択ができる可能性が高まります。

また、距離を置いている間に関係性の問題点が見えてくることも少なくありません。

問題を感じる恋愛関係に客観性を持つこむ良い手段としても、距離を置くことは大切なのです。

距離を置くと別れる確率が高まる?

一方で、距離を置いてしまうと別れる確率が高まるという意見も散見されます。

これは、距離を置くことで冷め始めていた関係性が完全に冷めて、別れに直結するケースがあるためです。

また別れる可能性が高まるのは、距離を置く前から関係が険悪であった場合が多いとも考えられます。

問題を解決するというよりは、恋愛感情が冷めていて、距離を置くことでマイルドに別れを選択したような状況です。

もちろん、関係に望みがある場合も距離を置くことで別れる確率が高まることもありますが、お互いが前向きに選択した距離を置く状態では起こりにくいでしょう。

距離を置くと別れる確率8割?別れる確率が高まる理由

ここからは、「距離を置くと別れる確率が8割」という通説について解説していきます。

ネット上で紹介されているデータでは、別れる確率は50%〜60%程度だというやや低めの数字も確認できますが、いずれにせよ低い確率とはいえませんよね。

距離を置くという選択が、多かれ少なかれ別れる確率を上げてしまうことはあるようです。

お互いがお互いにとって不要の存在になるから

距離を置くことで、お互い相手がいなくても問題なく生活できる、という事実と直面します。

この時点で相手を「不要の存在」として認識してしまうと、別れる確率は大きく上がってしまうでしょう。

さらに1人の方が気楽、相手といるときよりも楽しい、などの感情が芽生えてしまうと別れの回避は難しいかもしれません。

無理して関係を継続するよりも、1人を満喫したり、新しい相手を探したりした方が良いという考えが強くなるはずです。

整理して改めて相手への気持ちが冷めるから

距離を置いて1人の時間が増えることで、改めて相手への気持ちを整理・分析することもできます。

時間をかけて気持ちを整理した結果、相手への恋愛感情が完全に冷めてしまうということも少なくありません。

特に相手と過ごすことに疲れてたり、相手へ嫌悪感を持ってしまっていたりする場合は、それが助長されるかもしれません。

改めて相手を見限る、または見限られて関係が破綻する、というケースは多いでしょう。

精神的にも状況的にも別れる準備が整うから

距離を置くことで冷静になり、精神的にも状況的にも関係を終わらせる準備ができてしまうこともあります。

常に一緒にいるような状態では、相手に情けをかけたり、恋人がいない状況になるのが不安になったりして、別れを選択しないケースが少なくありません。

しかし、距離を置くと冷静に心と状況の準備を整えられます。つまり距離を置いた状況が、別れる決心をするトリガーとなるのです。

将来の不安や恋愛への依存など、さまざまな問題についてもじっくり考えられるでしょう。

恋人への気持ちが冷めてしまう

恋人と一定期間距離を空けてしまうと、自然と相手に対する気持ちは冷める可能性が高いです。

なぜなら、人間が他人との関係を築いたり維持したりするには、定期的なコミュニケーションが必要だからです。

つまり、頻繁に会話をしたり一緒に食事をすることで、お互いの気持ちを確認し合い、関係を深めることができるという訳です。

しかし、恋人との間に距離を置いてしまうと、そのようなコミュニケーションは減ってしまいます。

その結果、お互いの気持ちを確認する機会が少なくなり、次第に恋人への気持ちが冷めてしまうのです。

他の異性に目移りしてしまう

恋人と距離を置くと、その間に他の異性への目が移ることも良くある話です。

もしあなたの恋人が社会人であれば、仕事先や友人の紹介で異性との交流が増え、魅力的な人に出会うこともあり得ます。

また、恋人と距離を置いている間に、彼や彼女の良さを忘れてしまうこともあります。

その結果、新しい出会いに心が揺れやすくなり、他の人への気持ちが増す傾向があるということです。

恋人の必要性を感じなくなる

恋人と距離を置くことで、恋人の存在が自分の生活になくても大丈夫だと感じることがあります。

例えば、ほぼ毎日一緒に過ごす彼女との時間が自然と減っていき、自分の時間が増えたとしましょう。

毎晩一緒に映画を見たり、週末にデートをしたりするのが当たり前だった生活がガラリと変わるので、その変化に最初は戸惑うかもしれません。

しかし、時間が経つと自分だけの時間に慣れ、新たな趣味を見つけたり、友人と過ごす時間が少しづつ増えていきます。

このように自分だけの時間を楽しめるようになると、恋人がいなくても生活が成り立つことに気づきます。

その結果、自分にとって恋人は特に必要でないと感じるようになります。

自然消滅のために距離を置いている

恋人と距離を置く理由の一つとして、関係を自然に終わらせたいという思いがある場合があります。これを「自然消滅」と言います。

本来であればハッキリと別れを告げるべきですが、人によってはこれに抵抗を示す場合もあります。

例えば、あなたが恋人のことが好きでなくなったとき、または新しい恋人ができたとき、その事実を直接伝えるのはとても辛いでしょう。

あなたの恋人も本当は別れたいけど、それをあなたに伝えるのが辛いため、距離を置くという形をとって自然消滅を狙っているのかもしれません。

恋人と距離を置いている期間にすべきこと

恋人と距離を置いている期間にすべきこと

恋人に距離を置こうと言われるのは辛いことですが、その期間を有効活用するために以下の3つの事を実践してみて下さい。

  • その恋人といることが幸せか考える
  • 自分の悪かった部分を考えて改善する
  • 占い師に相談する

その恋人といることが幸せか考える

恋人と距離を置く期間は、自分がその人と一緒にいることで幸せを感じているかどうかを見つめ直す良い機会です。

例えば、普段は一緒に過ごす時間が多いために、その人といることが自分の幸せだと思っていたかもしれません。

しかし、恋人と距離を置いてみると、一人で過ごす時間が増え、友人との交流を楽しんだり、趣味に没頭したりする時間が増えます。

すると、自分が恋人といることによる幸せと、友人との食事や趣味などによる幸せを比較することができ、自分が何を本当に大切にし、何を求めているのかを見つけることもできます。

自分の悪かった部分を考えて改善する

恋人と距離を置く時間は、自分自身の行動や態度を反省し、改善するための良い機会です。

例えば、あなたが常に仕事を優先してしまい、デートの際も仕事の話題ばかりする場合、それが原因で相手にストレスを与えている可能性があります。

また、あなたが話をする時に自分の意見ばかり押し付け、パートナーの意見を尊重しなかったとしたら、それがコミュニケーションの問題を生んでいるかもしれません。

このような問題点を認識し、どのように改善すれば良いかを考えることがより良い関係を築くための第一歩です。

占い師に相談する

距離を置くことで別れる確率は上がってしまいますが、何も対処法がないわけではありません。

そこでぜひここでオススメしたいのが恋愛に精通した占い師への相談です。

第三者からのアドバイスは客観的に正しいものが多く、今の状況を打開するのに大いに役立つためです。

また、実力のある占いであればお相手の今の気持ちなども知れるので、今後また良好な関係を築くのに役立ちます。

こちらの電話占いサイトがおすすめです

当サイトが自信を持って紹介する電話占いサイトは「電話占いデスティニー」というサイト。

料金はもちろん、占い師の実力、実際の口コミなど総合的に判断して最もおすすめできるサイトです。

実際に当サイトからのお申し込みが最も多く、大変好評頂いております。

復縁成功の口コミも多数確認済み!関係を修復するのにぴったりなサイトですね。

気持ちがモヤモヤしたまま、ずっとあって彼の気持ちも、よくわからず先生と話してすっきりしました。鑑定をしたあとに、彼の方から連絡があり、まさしく先生の言った通りになりました。無事に復縁ができそうなので安心です。

デスティニー公式サイト

初めての鑑定ありがとうございました!
復縁について視てもらいました!
結果が思ってた以上に嬉しい反面、きちんと見直すことも必要だなと感じました!
彼は戻ってくる、早ければ来月中に連絡くる、この言葉を信じて、今は彼を客観的にみてみようと思います!
ありがとうございました!

デスティニー公式サイト

また、今なら10分無料で鑑定できます。

ぜひ気軽に利用してから、本格的に利用するかを検討するとかでも良いと思います!

距離を置いても焦らない!別れを防ぐ6つの方法

ここからは、距離を置いた状況からでも実践できる、別れを防ぐ6つの方法を紹介します。

現在恋人と距離を置いた状態にある、距離を置いていても別れたくないと考えている、という人は参考にしてみてください。

距離を置くことになった理由をはっきりさせる

まず距離を置くという選択をしなくてはならなくなった「理由」を突き止めましょう。

何がきっかけで距離を置くことになったのかがわからない場合は、距離を置く前に相手へ確認するのがおすすめです。

漠然とした理由で距離を置いてしまうと、距離を置く本当の目的を見失ってしまいます。

相手が不満を持っているポイントや、関係性悪化の原因がわからないまま距離を置き続けると、別れる可能性が高まってしまうので要注意です。

距離を置く期間を明確に設定する

距離を置くと選択した場合は、1ヶ月、3ヶ月、半年、というように明確な期間を設定してください。

無期限で距離を置いてしまうと、関係が自然消滅してしまう可能性が高まります。

しっかり期間を設定し、ブレイクタイムでは再会して話し合うのがおすすめです。

距離を置いていた期間の近況報告や、気持ちの変化を確認するタイミングを作れば、関係を好転させるきっかけにもなるかもしれません。

距離を置いた時間で自分磨きをする

距離を置いている期間で、自分磨きやイメチェンをするのもおすすめです。

相手からの印象や自分の気持ちをリフレッシュして、新しい観点で関係と向き合えるでしょう。

この期間で自分自身の自信のなさや、苦手な相手のポイントなどが改善されれば、関係性は好転しやすくなるはずです。

距離を置いたことで両者が自分をリフレッシュすることで、関係のマンネリも解消しやすくなりますよ。

恋愛関係のスタイルを見直す

距離を置いている期間で、自分の恋愛に向き合うスタイルを見つめ直すことも重要です。

恋愛関係に依存しすぎていたり、恋愛関係を軽視しすぎていたりなど、スタイルに問題がなかったかを振り返りましょう。

関係性や相手の態度の悪化が、どちらかの恋愛関係に向い合うスタイルに起因していることも少なくありません。

自分のスタイルに問題があると感じた場合は、距離を置いている期間で改善してみてください。

相手に依存しない生活を整える

相手に依存しすぎる、共依存の関係性は、関係を拗れさせる原因になり得ます。

そのため、依存が関係性の問題である場合は、距離を置く期間で依存を断ち切るようにしてください。

ある程度の自立を身に付け、相手と程良い距離を保てるようになれば、関係は健全で良好なものになるはずです。

依存の問題が自分にある場合は自立を意識した生活を続け、相手にある場合は相手の連絡や干渉を無視してみてください。

距離を置いた側のアクションを待つ

距離を置いている期間は、距離を置くという選択をとりたいと言い出した方の連絡を待つのがおすすめ。

つまり自分ではなく、相手が距離を取りたいと言い出した場合は、自分からの連絡をなるべく控えましょう。

相手の出方を伺い、自分は自分の生活にフォーカスしてみてください。

この期間中にしつこく連絡したり、会おうとしたりすると、関係性がどんどん悪化してしまいます。

相手に干渉せず、「距離を置く」ということを全うしてみるのが最善策です。

距離を置く際に注意すべきポイントとは?

距離を置く際に注意すべきポイントとは?

それでは最後に、距離を置く際に注意すべきポイントを紹介します。

これから相手と距離を置こうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ダラダラと距離を置く期間を伸ばさない

距離を置くと決めたら、まず距離を置く期間を明確に決めて、その期間を守ってください。

お互いに連絡せずダラダラと期間を延ばすと、自然消滅の可能性が高まります。

期間が終わればしっかりと話し合い、関係性を修復していきましょう。

不誠実な行動をとらない

距離を置いている期間はなるべく1人で過ごし、異性と遊ぶような不誠実な行動は避けましょう。

息抜きもなるべく同性の友人と行うようにしてください。

この期間で浮気をしたり、出会いを求めたりすると、関係は一気に悪化してしまいます。

投げやりになったり意地を張ったりしない

距離を置くことはネガティブに捉えられがちですが、関係を好転させるために必要な期間であることもあります。

そのため、別れを勝手に決めつけて投げやりになったり、意地を張ったりしないようにしてください。

関係修復のチャンスがあっても、前向きな態度でなければ関係は破綻してしまいます。

まとめ

今回は、距離を置くことと別れる確率の上昇の関係、距離を置いた状況からの関係性修復方法などを紹介しました。

距離を置くことは、恋愛において良いこととはいえませんが、関係によっては好転ポイントになることも少なくありません。

距離を置く期間をうまく利用すれば、関係性のリフレッシュや修復、マンネリの解消が期待できます。

本記事で紹介したポイントや関係修復方法を参考に、ぜひ距離を置いた状況を逆手に取ってみてください。

お互いに期間を利用して成長し、絆を深めてみましょう!

また、今回紹介した電話占いデスティニーでは初回であれば無料鑑定ができます。

ぜひこの機会にパートナーについて相談しみてはいかがでしょうか?