「距離を置こう」という男性の本音とは?こうすると上手くいきます

「距離を置こう」という男性の本音とは?こうすると上手くいきます

記事内に広告を含む場合があります

大好きな彼氏からいきなり「距離を置こう」と言われたら、どうすればいいか迷ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

言葉通りに距離を置いたところで、また元通りの関係に戻れるのか、それともそのまま別れてしまうのかと不安な気持ちになりますよね。

距離を置きたいと言った、彼の本音を知りたいと思う人もいるでしょう。

そこで今回は男性が「距離を置こう」と言う時の心理を掘り下げるとともに、距離を置きたいと言われた時の対処法や、距離を置いている間の過ごし方について解説します。


特別なお知らせ

このサイトに訪れたあなたに特別な情報をお伝えします…!

当サイトの公式LINEでは実力派占い師による鑑定サービスを提供中!

現在、初回無料鑑定キャンペーンを実施しています。

男性が距離を置こうという心理とは

まずはじめに、男性が「距離を置こう」と言う時の心理について解説していきます。

仕事が忙しくなった

大きな案件を任されるなど、仕事が忙しくなったために恋愛にエネルギーを注ぐことができず、「距離を置こう」と言う場合があります。

男性は女性と違って、複数のことを同時に行うことを苦手とする傾向があります。

そのため仕事に集中したいときは、恋愛のことは一旦ストップしたいと考え、距離を置こうとするのです。

将来についてひとりで考えたい

自分のキャリアアップや転職など、ひとりで将来のことを考えたいために彼女と距離を置こうとする男性もいます。

自分はこのままでいいのか、夢や目標を達成するにはどうすべきかと、人生の岐路に立っている状態です。

また今の恋人との将来を考え、このまま交際を続けて良いものか、結婚して幸せになれる相手なのかを考え直したいという場合もあります。

他に気になる人ができた

他に気になる人ができてしまい、今付き合っている彼女とどちらを選ぶか迷って「距離を置きたい」という場合もあります。

彼女と距離を置くことで、気になっている人と彼女のどちらへの気持ちが大きいのか、どちらを選ぶべきかを見つめなおしているのです。

また、もし気になっている人とうまくいかなかったときのために、今の彼女をキープしておきたいというケースもあります。

束縛や依存がしんどい

彼女からの束縛が強かったり、べったりと依存されているのがつらくなり、距離を置きたいと切り出す男性もいます。

彼女が恋愛に夢中になりすぎて、2人の関係が健全でなくなってしまっているため、一度冷静になってもらいたいと考えているのです。

束縛や依存以外にも、同じことで何度もケンカを繰り返していたり、何度注意しても彼女の悪い癖や生活態度などが改善されなかったりする場合にも距離を置こうという場合があります。

関係を見直したい

自分の気持ちがわからなくなり、2人の関係を見直したいと思い、距離を置きたいというケースも考えられます。

今付き合っている彼女とケンカばかりしていたり、性格や価値観が合わないと感じたりしていると、このまま関係を続けていても良いのか不安をおぼえてしまうでしょう。

本当に彼女のことが好きなのかという自分の気持ちや、2人の関係を冷静に見つめなおすためには、距離を置くことも必要です。

自然消滅を狙っている

「距離を置こう」と言って、そのまま自然消滅することを狙っているケースもあります。

本当は別れたいと思っているけれど、自分から別れを切り出して彼女を傷つけたり、「別れたくない」とすがりつかれたりするのを避けるため、一旦距離を置こうとするのです。

距離を置いたからといって再び気持ちが戻る可能性はほぼなく、連絡頻度を減らしてフェードアウトしようとしています。

距離を置こうと言われた時の対処法

実際に彼氏から「距離を置こう」と言われた場合、どう対処すべきなのでしょうか。

ここからはその対処法について解説していきます。

距離を置きたい理由を聞く

彼氏に「距離を置こう」と言われたら、まずはなぜ距離を置きたいのか、その理由を尋ねましょう。

理由を聞くことで、もし自分自身に問題があれば距離を置いている間にそれを改善する努力もできます。

さらに、理由を言えるか言えないかで、彼がこの先の関係を続けたいか続けたくないかを判断することもできるでしょう。

彼がはっきりと理由を伝える場合は、距離を置くことで自分の状況や2人の関係性が良い方に変わると考えている可能性があります。

理由を言わない場合、他に好きな人がいたり、自然消滅を狙っていたりする可能性が高いでしょう。

距離を置く期間を決める

2人でよく話し合った末に距離を置くことになったなら、どのくらい距離を置くのか、期間を決めましょう。

距離を置く期間、一般的に冷却期間と呼ばれる期間は、1ヶ月~3ヶ月程度が最適であるといわれています

短すぎるとあまり意味がなく、長すぎると気持ちが離れて自然消滅に繋がってしまいます。

また、いつまで距離を置けばいいのかわからず、不安ばかりが募ってしまうでしょう。

距離を置く期間の他にも、距離を置いている間の連絡頻度と方法はどうするのか、SNSへのリアクションはどうするかなど、細かいことを決めておくのもおすすめです。

距離を置いている間はどうしたらいい?

彼氏と距離を置いている間、ただ不安と寂しさだけで漫然と過ごす人もいるかもしれませんね。

しかしせっかく2人で決めた期間なのですから、意味のある過ごし方にするための方法をご紹介しましょう。

頻繁に連絡をしない

距離を置いている間、不安や寂しさから彼に頻繁にLINEを送ったり、SNSからDMを送ったりする人も多いでしょう。

しかし距離を置くということは、ただ会わないだけの期間ではありません。

頻繁に連絡をすると距離を置いている意味がなくなってしまい、彼の重荷になってしまうこともあります。

連絡頻度を決めていない場合は、彼から連絡が来たら返す程度にして、自分から送る場合は週に1回程度など、控えめにするのがおすすめです。

改善すべき点を改善する

距離を置いている理由が自分にある場合は、改善すべき点を改善する必要があります。

彼から言われたことをしっかりと受け止め、自分の何が良くなかったのかを考えましょう。

恋愛に夢中になりすぎて周りが見えなくなり、彼に必要以上の束縛や依存をしていた人は、会わない時間を作ることで冷静さを取りもどせるはずです。

自分の気持ちと向き合う

彼と会わない間に、自分の気持ちと正直に向き合い、彼と自分の関係や彼への気持ちを見つめなおしてみましょう。

距離を置いている間、2人の関係について考えるのは彼もあなたも同じで、距離を置いてみてはじめてわかる気持ちもあります。

好きだという感情を押し付けすぎてはいなかったか、彼の気持ちに甘えすぎて、彼を大事にしていなかったのではないかなど、よく考える必要があります。

自分磨きに励む

彼と距離を置いている間は、自分磨きに励むのがおすすめです。

特にヘアスタイルやファッションを変えると大幅なイメージチェンジができ、再び彼と会った時に新鮮な印象を与えることができます。

距離を置く前に彼の気持ちがマンネリ化していたなら、イメージチェンジは非常に効果的です。

ヘアスタイルやファッションの他にも、エステやジムに通ってダイエットをしたり、自分に合ったメイクを研究してみたりするのも良いでしょう。

まとめ

彼からいきなり「距離を置こう」と言われると、ほとんどの女性がそのまま別れてしまうのだと思うのではないでしょうか。

しかし、距離を置くということが必ずしもネガティブな結果につながるとは限りません。

冷却期間という言葉もあるように、一度距離を置いてお互いに自分の気持ちや2人の関係性を見つめなおすことで、前よりも良い関係にれる可能性もあります。

「距離を置こう」と言われても決してあきらめずに、まずは彼が距離を置きたい理由を聞き、しっかりと話し合ってから距離を置くことが大切です。