連絡先を聞いてほしいサイン?男性心理と脈ありサインを解説します

記事内に広告を含む場合があります

今回は、奥手な男性が連絡先を聞いてほしいサインや男性心理についてお話しします。

実は、連絡先を聞いてほしいと思っている男性は、さまざまなサインを出しています。

それを見逃さなければ、連絡先交換のチャンスが広がるかもしれません。

では、どんなサインがあるのでしょうか?


あなたのその悩み「今なら980円」で解決できます

このサイトに訪れたあなたに特別な情報をお伝えします…!

当サイトの公式LINEでは占い師ジンによる鑑定サービスを提供中!

980円で直接個人鑑定が受けられます!ぜひお気軽にご相談下さい!

公式LINEが開きます

このキャンペーンは予告なく終了する場合がございます。お早めに!

連絡先を聞いてほしい男性のサインって?

連絡先を聞きたいけど、自分からは言えないという男性は、あなたに興味があることを大っぴらにはしてきません。

例えば、下記のような行動や話題は連絡先を聞いてほしいサインかもしれません。

アピールするようにスマホをいじる

あなたと話しているときに、スマホを手に持っている男性は、あなたに連絡先を聞かれたいと思っている可能性が高いです。

スマホを頻繁に見せることで、連絡先を好感したいというメッセージを送っています。

この場合、あなたが「どんなアプリ使ってますか?」「SNSはやっていますか?」など聞くと、相手は喜んで答えてくれるでしょう。

SNSの話をよく出してくる

SNSの話題をよく出してくる男性も、連絡先を聞いてほしいサインです。

例えば、「この前面白いツイート見たんだけど」とか「Instagramで可愛い猫の写真見つけたんだけど」とか言ってきます。

これは、私はSNSをやっていますよというアピールです。

この場合、あなたが「私もやってますよ」とか「Instagram見せてください」とか言うと、相手は嬉しくなってくれるでしょう。

そして、「じゃあ、フォローしあいませんか?」という流れに持って行くことができます。

同じ趣味であることをアピール

趣味の話題を出してくるのも一つです。

例えば、「この前映画館で面白い映画見たんだけど」とか「音楽好きなんだけど、最近聴いてる曲ある?」とか言ってきます。

これは、私はあなたに興味がありますよというアピールでもあります。

この場合、あなたが「私も映画好きですよ」とか「音楽の話聞きたいです」とか言うと、相手は興味を持ってくれるでしょう。

おすすめのお店を教える

おすすめのお店を教えてくる男性も、連絡先を聞いてほしいサインです。

例えば、「この近くに美味しいラーメン屋があるんだけど」とか「最近行ったカフェがすごくオシャレだったんだけど」とか言ってきます。

これは、私はあなたと一緒に行きたいお店がありますよというアピールです。

もしくは、私はグルメな人間ですよという意味もあります。

この場合、あなたが「ラーメン好きですよ」とか「カフェに行きたいです」とか言うと、相手は誘いやすくなります。

そして、「じゃあ、一緒に行きませんか?」と話は進んでいくでしょう。

連絡先を自分から聞いてこない男性心理

連絡先を聞いてほしいサインを出している男性は、自分からは聞いてこない理由があります。

それは、奥手な男性心理です。

奥手な男性は、連絡先を聞くことに対して、以下のような思いがあります

聞きたいけどタイミングが掴めない

奥手な男性は、連絡先を聞きたいと思っても、タイミングが掴めないことがあります。

例えば、仕事や学校で一緒に話す機会があっても、他の人が近くにいたり、話題が切れたりして、適切なタイミングが見つからないという場合です。

また、連絡先を聞くこと自体が大きなプレッシャーに感じてしまって、勇気が出せないという場合もあります。

自信がなくて言い出せない

奥手な男性は、自分に自信がなくて言い出せないこともあります。

例えば、あなたに好意を持っているけど、自分はあなたのタイプではないと思ってしまったり、あなたに彼氏がいるかもしれないと不安に思ったりするという場合です。

また、断られることを恐れてしまって、リスクを避けようとする場合もあります。

関係性を気にして聞きづらい

奥手な男性は、関係性を気にして聞きづらいこともあります。

例えば、あなたと仕事や学校で同じグループやチームに属している場合です。

この場合、連絡先を聞くことで関係性が変わってしまうことを懸念してしまいます。

また、周囲の目や評判を気にしてしまって、隠れて連絡先を聞くことができない場合もあります。

奥手な男性と連絡先を交換する方法

では、奥手な男性と連絡先を交換する方法はどうすれば良いのでしょうか?

基本的には、あなたから積極的にアクションを起こす必要があります。以下のような方法を試してみましょう。

連絡が必要な用事を作る

奥手な男性は、連絡先を聞くことに意味や目的があると感じると、聞きやすくなります。

例えば、仕事や学校で共通のプロジェクトや課題がある場合、それに関する連絡をするために連絡先を聞くという方法です。

この場合、あなたから「この件について詳しく話したいんだけど、連絡先教えてもらっていい?」と言ってみましょう。

これなら、男性も自然に応じやすくなります。

飲み会でストレートに聞く

奥手な男性は、飲み会などの場で気分が良くなっているときに、ストレートに聞かれると答えやすくなります。

例えば、あなたから「今日楽しかったね。また一緒に飲みに行きたいんだけど、連絡先教えてもらっていい?」と言ってみましょう。

これなら、男性も気軽にOKと言える可能性が高まります。

SNSから距離を縮める

奥手な男性は、SNSなどのオンライン上でのコミュニケーションが得意です。

例えば、あなたから「最近見た映画や本の感想を聞きたいんだけど、インスタやツイッターしてる?」と言ってみましょう。

これなら、男性も気軽にアカウントを教えてくれるかもしれません。

そして、SNSでのやり取りを通して仲良くなれば、自然と電話番号やメールアドレスも交換できるようになります。

連絡先を聞いてこなくても脈ありのサイン

プライベートな話をよく聞いてくる

奥手な男性は、自分から積極的にアプローチするのが苦手です。

しかし、あなたに興味がある場合は、プライベートな話をよく聞いてくるでしょう。

例えば、趣味や家族や友達のことなど、あなたの生活に関することを聞いてきたり、自分の話もしてくれたりします。

これは、あなたと仲良くなりたいという気持ちの表れです。

プライベートな話をすることで、相手の人柄や価値観を知ることができますし、共通点や親近感も生まれます。

奥手な男性は、連絡先を聞く前に、まずは信頼関係を築きたいと思っています。

だからこそ、プライベートな話をよく聞いてくるのです。

過去に話した内容をよく覚えている

あなたに気がある場合は、過去に話した内容をよく覚えています。

例えば、あなたが好きな食べ物や映画や音楽など、些細なことでも記憶していたり、それに関する話題を振ってきたりします。

これは、あなたのことを大切に思っているという証拠です。

奥手な男性は、自分からアピールするのが苦手ですが、あなたのことを常に意識しています。

だからこそ、過去に話した内容をよく覚えているのです。

頻繁に褒めてくる

奥手な男性は、あなたに気がある場合は、頻繁に褒めてきます。

例えば、あなたの容姿や服装や髪型やメイクなど、見た目に関することを褒めたり、あなたの仕事や勉強や趣味や人柄など、内面に関することを褒めたりします。

これは、あなたに好意を持っているというサインです。

奥手な男性は、直接的に告白するのが怖いですが、間接的に気持ちを伝えたいと思っています。

だからこそ、頻繁に褒めてくるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以下、ポイントのおさらいです。

連絡先を聞いてほしい男性のサインって?
・アピールするようにスマホをいじる
・SNSの話をよく出してくる
・同じ趣味であることをアピール
・おすすめのお店を教える

連絡先を自分から聞いてこない男性心理
・聞きたいけどタイミングが掴めない
・自信がなくて言い出せない
・関係性を気にして聞きづらい

奥手な男性と連絡先を交換する方法
・連絡が必要な用事を作る
・飲み会でストレートに聞く
・SNSから距離を縮める

連絡先を聞いてこなくても脈ありのサイン
・プライベートな話をよく聞いてくる
・過去に話した内容をよく覚えている
・頻繁に褒めてくる

このきじが少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!