恋人と復縁できる手相と復縁できない手相について紹介!基礎知識についても解説

復縁できる手相と復縁できない手相

記事内に広告を含む場合があります

「恋人と復縁できる手相を知りたいなぁ~」

このような悩みを解決するために、

この記事では、手相の基本的な知識や復縁できる可能性のある手相・復縁しにくい手相について解説していきます。

最後まで読むことで、自分の復縁の可能性を知ることができ、復縁に失敗する可能性を減らすことができます。

手相の基本的な知識

手相の基本的な知識

手相とは何か?

手相は手のひらや指の形、しわなどを観察することで、人間の性格や運命についての情報を読み解く占いの一種です。

手相は科学的に証明されたものではありませんが、現在も多くの人たちに親しまれています。

手相を読むことで自己理解や他人の理解を深めることができるかもしれませんが、結果に過度に依存することは避けましょう。

手の線(主線、副線、細かい線)の解釈方法

手相を読む上で重要な要素として、手の線があります。手の線は主線、副線、そして細かい線からなります。

主線は手のひらに走る大きな線で、主に運命線・生命線・知能線・結婚線などがあります。

副線は主線に連なる細かな線で、運勢や健康状態などを示唆します。

細かい線は手のひら全体に広がる細かなしわや模様で、繊細な情報を表します。

手相の限界と誤解について

手相は優秀な占いの一種ですが、その限界を理解することも重要です。

手相はあくまでも一つのツールであり、人間の運命や性格を完全に予測することはできません。

人間の意思や選択も重要な要素ですので、手相だけに依存することは避けましょう。

また、手相には誤解や解釈の幅も存在します。同じ線でも人によって解釈が異なることがありますし、手相の変化も時間とともに起こることがあります。

そのため、手相を鵜呑みしすぎないように注意しなければいけません。

手相は左手か右手をどちらを見る?

手相を見る際、左手か右手のどちらを見るかは個人の好みや伝統によって異なります。

一般的な基準としては、右利きの人は左手を、左利きの人は右手を主に見ることが多いです。

左手を見る理由としては、左手は遺伝や生まれ持った資質を反映しやすいとされています。

左手は心や感情を表し、内面的な要素や過去の出来事を示すと考えられています。また、左手は生まれつきの才能や持ち味を表すとも言われています。

一方、右手を見る理由としては、右手は意志や行動、未来に関わる要素を反映しやすいとされています。

右手は社会的な要素や外部の影響を示し、現在の状況や将来の展望を表すと考えられています。

どちらの手を見るかは個人の好みや占い師のスタイルによって異なるため、自分自身が興味を持っている手を見ることをおすすめします。

また、両手の手相を比較することでより多角的な情報を得ることもできます。

復縁できる可能性のある手相5選

復縁できる可能性のある手相5選

手相には結婚線・復縁線などがあり、これらの手相が復縁や恋愛に大きく関わっています。

以下は復縁の可能性がある6つの手相についての解説になります。

  • 結婚線の中にあるひし形の線
  • 2本に分かれた結婚線の先にある短い線
  • 2本の濃い結婚線
  • 結婚線の下にある、始点のずれた平行線
  • 結婚線が3本以上に分岐している
  • Y字に伸びた復縁線

結婚線の中にあるひし形の線

1つ目の復縁の可能性が高い手相は、結婚線の中にひし形の線が現れる場合です。

ひし形の線は一度別れた後に再び関係を修復するチャンスを意味し、再びパートナーとの絆を取り戻す可能性があることを示唆します。

また、相手側の手相にもこのひし形がある場合は、より一層復縁する可能性が高いと考えられています。

2本に分かれた結婚線の先にある短い線

2つ目の復縁の可能性が高い手相は、2本に分かれた結婚線の先にある短い線がある場合です。

2本に分かれた結婚線はパートナーと一度別れたことを意味し、その先の短い線はそのパートナーと別れるきっかけとなった壁や問題を表しています。

そのため、パートナーと別れた原因を考え改善する事で、もう一度パートナーと再会・復縁できるはずです。

2本の太くて濃い結婚線

3つ目の復縁の可能性が高い手相は、2本の太くて濃い結婚線です。

太くて濃い結婚線が2本ある場合は、自分の人生に大きな影響を与える大恋愛が2度起こる事を示唆しています。

そのため、過去の関係を乗り越えて再びパートナーと結びつく可能性が高いとされています。

この手相を持つ人は、前向きなアプローチや努力によって復縁の成功を叶えることができるかもしれません。

結婚線の下にある、始点のずれた平行線

4つ目の復縁の可能性が高い手相は、結婚線の下にある始点のずれた平行線です。

結婚線に途切れがあり、少し下にずれた後に続きが伸びている線が現れると、カップル間の一度冷めた気持ちが再び燃え上がり、復縁の可能性が高まると考えられます。

別れた原因にあまりこだわらず、勢いでよりを戻す可能性が高いため、その分、再び別れるかケンカしやすい側面もあるようです。

このような手相を持つ方は、何度も別れてはヨリを戻すといった繰り返しになることが多いです。

結婚線が3本以上に分岐している

5つ目の復縁の可能性が高い手相は、結婚線が3本以上に分岐している場合です。

結婚線が複数に分かれていることは、過去の恋人との別れなどの複雑な関係性を表していますが、それと同時に再び関係を取り戻す可能性があることも示唆しています。

この手相を持つ人は自分を見つめなおし、復縁に向けた努力やコミュニケーションを継続する事で、再びパートナーとの絆を築くことができるかもしれません。

Y字に伸びた復縁線

6つ目の復縁の可能性が高い手相は、Y字に伸びた復縁線です。

復縁線は結婚線から分かれてY字型に伸びている線のことを指し、再会や復縁の可能性を表しています。

この手相を持つ人は、過去の別れを乗り越え、再びパートナーとの関係を修復する機会を得ることができるかもしれません。

復縁できる可能性が低い手相5選

復縁できる可能性が低い手相5選

先ほど解説した結婚線や復縁線は、形状や条件によっては復縁の可能性を妨げる手相になります。

以下では復縁できる可能性の低い5つの手相を解説していきます。

  • 下向きに伸びた結婚線
  • 感情線の先に縦線が入っている
  • 結婚線の先にバツ印がある
  • 結婚線が鎖状になっている
  • 2本に分かれた未練線

下向きに伸びた結婚線

1つ目の復縁の可能性が低い手相は、下向きに伸びた結婚線です。

結婚線が下向きに伸びている場合、パートナーに対してネガティブな影響を与える要素が存在する可能性があります。

そのため、この手相を持つ人は自分自身の問題を解決したとしても、パートナーとの復縁の可能性はかなり低いと考えられます。

感情線の先に縦線が入っている

2つ目の復縁の可能性が低い手相は、感情線の先に縦線が入っている場合です。

感情線は感情の変化や内面的な側面を表す線であり、縦線が入ることは不安定さや葛藤を示しています。

その感情線の先に縦線がある場合、パートナーとの関係において困難や衝突が予想されるため、復縁の可能性が低いとされています。

感情線の先にバツ印がある

3つ目の復縁の可能性が低い手相の一つとして、感情線の先にバツ印がある場合が挙げられます。

バツ印は過去の結婚やパートナーとの関係の終わりを象徴しており、再び関係を修復することは難しいとされています。

この手相を持つ人は、パートナーとの別れを受け入れ、新たな道を歩むことが必要かもしれません。

結婚線が鎖状になっている

4つ目の復縁の可能性が低い手相は、結婚線が鎖状になっている場合です。

結婚線が鎖状に連なっていると言うことは、二人の関係性に問題や困難が存在することを示しています。

この手相を持つ人は、復縁の可能性がかなり低いと言えます。

また、結婚線の鎖状のパターンは、相手との関係において解決が難しい問題や絶え間ないトラブルがあることも表しています。

太くて濃い未練線がある

最後の復縁の可能性が低い手相は、太くて濃い未練線がある場合です。

この手相は、過去の関係に執着していることや前に進むことへの抵抗感を表しています。

また、未練線が2本に分かれていることで、元パートナーとの関係の修復や復縁に向けた努力が無意味になるかもしれません。

まとめ

復縁の可能性がある手相と、復縁の可能性が低い手相についての解説は以上になります。

この記事で紹介した手相と自分の手相を見比べて、ぜひこれからの恋愛に生かしてください。

ただし、手相は百発百中のツールでは無いのであくまでも参考にする程度にしておきましょう!