LINEで復縁の切り出し方について詳しく解説!【例文あり】

LINEで復縁の切り出し方について詳しく解説!【例文あり】

記事内に広告を含む場合があります

元彼に復縁LINEを送るベストなタイミングは、友情に戻れた時、元彼に恋人がいない時、別れた原因が改善された時です。友達として安心感や信頼を築き、相手の感情を尊重することが重要です。

元彼が新恋人がいない状態で、心の余裕がある時や、別れた原因が本当に改善された時に、復縁の可能性は高まります。

自分から別れを告げた場合、相手に別れを告げられた場合、友達関係になっている場合で、アプローチの仕方を変え、相手の感情や意見を尊重しつつ、ゆっくりと時間をかけて関係を再構築することが大切です。

別れた元彼と復縁をしたい場合、LINEは重要なコミュニケーションツールとなります。

この記事では、復縁を切り出す際の効果的なLINEの使い方を解説します。

相手の心を揺さぶり、再び関係を築くためのポイントを押さえましょう。


元彼に復縁LINEを送るタイミングは?

復縁を切り出す際のLINEメッセージの送り方は、タイミングによって異なります。

以下のケースごとにベストなタイミングを考えてみましょう。

  • 友達に戻れたとき
  • 元彼に恋人がいないとき
  • 別れた原因が改善されたとき

友達に戻れたとき

元彼との関係を友情に戻すためには、相手があなたに対して安心感や信頼を抱くことが重要です。

友達としての時間を大切にし、相手の感情やニーズを尊重しましょう。

別れたては気まずい日が続くかもしれませんが、いつの間にか友達のような関係に戻っていたという場合は復縁できる可能性も高いです。

友達に戻れているということは、人としてあなたを信頼しようとしていると言えます。

相手があなたに対して心を開けるような環境を作ることが復縁の第一歩です。

元彼に恋人がいないとき

LINEを送る際は、元彼に新恋人がいないか確認してからが最善でしょう。

もしも新恋人がいる場合だと、復縁のことを切り出すどころか、連絡を無視されることもあります。

元彼が恋愛関係に身を置いていないときは、心の余裕を持っている可能性があります。

相手が前の関係を引きずっていないかを確認しましょう。

心の整理がついている状態であれば、もう一度関係を再構築できる可能性が高いでしょう。

別れた原因が改善されたとき


別れた原因が改善されたとしても、それが一時的な改善ではなく持続的なものであるかを確認することが重要です。

問題が再び発生する可能性や、元彼が同じ行動パターンに戻るリスクがある場合は、復縁を切り出す前にしっかりと考える必要があります。

また、相手が変化を受け入れる意思を持っているかを確認することも重要です。

相手が自身の行動や態度を改善する意欲を持っていない場合、同じ問題が再び起こる可能性があります。

復縁を切り出す前に、相手が変化に真剣に向き合っているかを確かめましょう。

パターン別LINEの切り出し方

では、実際にどのようにLINEを切り出せばいいのかを、パターン別にみていきましょう。

考えられるのは以下のパターンです。

  • 自分から別れを告げた場合
  • 相手に別れを告げられた場合
  • すでに元彼と友達関係になっている場合

自分から別れを告げた場合

もし自分から別れを告げた場合、復縁を切り出すのは慎重なアプローチが必要です。

相手には傷ついた感情や困惑があるかもしれません。

相手の感情や意見を尊重し、受け入れる姿勢を示しましょう。

まずは以前のように自然に会話が成り立つまでの関係になれることを目標にしましょう。

相手が復縁に興味を持っているかどうかを確かめるために、ゆっくりと時間をかけて会話を進めることが大切です。

以下はLINEの例文です。よければ参考にしてみてくださいね。

「お疲れさま!元気にしてるかな?ひさしぶりに連絡してみたくなっちゃって、LINE送っちゃった。実はさ、あの時の自分の判断って後悔してて、改めて反省してるんだよね。本当にごめんね。当時は感情的になっちゃって、言葉選びも悪かったし、君を傷つけちゃったと思ってる。もしよかったら、近々ご飯でも行かない?返事待ってるね。」

相手に別れを告げられた場合

あなたが原因で元彼から振られて別れた場合は、別れの原因となった要素としっかり向き合い、前へ進んでいることをアピールする必要があります。

この場合は、あなた自身がこのことをきっかけに努力していることが伝わるというのが大切です。

今は、自分の感情を押し付けずに、相手の立場や意図を理解しようとしていることを伝えましょう。

以下はLINEの例文です。

「お久しぶりです!元気にしてた?突然連絡してごめんね。別れた時のことずっと考えてた。最初はショックだったけど、時間を置いて冷静になって考えてみたら、あなたの気持ちを尊重することが大事だって気づいた。今は、相手を尊重して行動できる人になれるよう日々努力してる。私たちの関係は終わってしまったけど、それでもあなたを大切に思ってるし、過去の問題も忘れないわけじゃない。もしもう一度話し合いの機会があるなら、チャンスが欲しい。また会えないかな?」

すでに元彼と友達関係になっている場合

友達関係になっている場合は、謝罪の言葉や付き合っていた頃のことを切り出す必要はありません。

共通の趣味の話題や、食事の誘いなど、段話すときと同じようなテンションでLINEを送ってみましょう。

友達としての楽しい時間を重視しながら、再び2人として一緒に過ごす機会を提案しましょう。

相手の気持ちを尊重し、無理に迫らずにゆっくり考える時間を与えることも大切です。

以下はLINEの例文です。

「お疲れさま!元気にしてる?最近の友達としての関係、めっちゃ楽しいなって思ってさ。それでさ、思い切って言っちゃうけど、もしもう一度二人で何かやる機会があったら最高だと思うんだよね。友達でいるだけじゃもったいない気がしてさ。だから、もし興味があるなら、また一緒に何か計画しようよ!君と過ごす時間は本当に楽しいから、もっと一緒に笑いたいんだよね。どうだろう?」

脈なし?LINEのリアクションで分かる元彼の心理

ここまで、LINEで復縁を切り出すタイミングや、それぞれのパターン別での具体的なLINEの送り方をお伝えしてきました。

ではここで、実際にLINEを送った際の元彼のリアクションにはどのような心理が隠されているのかを解説します。

  • LINEの返信が短文のみ
  • LINEの返信がない
  • LINEをブロックされている

LINEの返信が短文のみ

もし元彼からのLINEの返信が短文のみである場合、それは脈がない可能性があります。

短文の返信は一般的に相手の関心や興味が薄いこと意味します。

元彼はあなたとの会話にあまり関心を持っておらず、深いつながりを求めていないかもしれません。

しかし、もう一つ考えられるのは、突然のあなたからの連絡にどのような態度で臨めばいいのかわからないというパターンもあります。

少しずつでも連絡を返してくれるのであれば、時間をかけてやり取りをするのも一つです。

LINEの返信がない

もし元彼からのLINEの返信がない場合、それは彼が関心を持っていないか、あるいは忙しい可能性があります。

返信がないことは、元彼の心理状態を特定するのは難しいですが、現時点では脈がないと考えるのが妥当かもしれません。

この場合、しつこく追いかけることは避けましょう。

相手が返信しない理由は様々ですが、自分の気持ちを押し付けることは良い結果を生まない可能性があります。

一度距離を置き、自分自身を大切にする時間を持つことが重要です。

LINEをブロックされている

もし元彼によってLINEがブロックされている場合、それは彼があなたとの接触を避けるために積極的な措置を取っていることを示しています。

ブロックされるというのは、彼が過去の関係を終わらせ、新たなスタートを切ることを望んでいる可能性があります。

この場合、彼の意思を尊重し、接触を試みることは避けましょう。

まとめ

今回は、LINEでの復縁の切り出し方について詳しく解説しました。

いかがでしたでしょうか?以下、ポイントのおさらいです。

元彼に復縁LINEを送るタイミングは?
  • 友達に戻れたとき
  • 元彼に恋人がいないとき
  • 別れた原因が改善されたとき
パターン別LINEの切り出し方
  • 自分から別れを告げた場合
  • 相手に別れを告げられた場合
  • すでに元彼と友達関係になっている場合
脈なし?LINEのリアクションで分かる元彼の心理
  • LINEの返信が短文のみ
  • LINEの返信がない
  • LINEをブロックされている

この記事が少しでも役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。